政治連盟とは

社会保険労務士政治連盟(以下「政治連盟」といいます。)の目的は、社会保険労務士の社会的・経済的地位の向上と社会保険労務士制度の発展を図るために必要な政治活動を行うことです。
政治連盟は、社会保険労務士全体のために活動することを目的としており、決して特定の政党や個人の政治目的のために活動するものではありません。

社会保険労務士法は、議員立法(内閣でなく国会議員自らが法律案を作成し国会へ提案すること)により成立した法律です。議員立法により成立した法律は、その改正も議員立法により行われることが通例になっています。内閣提案の法律(閣法)の場合は、主務官庁が改正法案等の準備を行いますが、議員立法の場合は、団体自らが改正内容を各政党や国会議員に繰り返し要請し、国会に提出していただける国会議員を決め、議員立法として改正法案が国会に提出されるよう理解と協力を得なければなりません。

閣法、議員立法のいずれにおいても国会議員への対応が必要です。そのためには、日頃から国会議員等への選挙の支援や日々の支援活動により、社会保険労務士制度の理解を深めてもらい、法改正の要望などいざというときに積極的に協力していただける環境を整えておく必要があります。

政治連盟の政治活動は社会保険労務士にとって、社会保険労務士制度の改善、社会保険労務士の円滑な業務の遂行、社会保険労務士の社会的・経済的地位の向上のために欠かせないものであり、そのための支援体制の構築といえます。

福島県社会保険労務士政治連盟規約

 

役員
会長 吉田昌樹
副会長 田中竜夫、榎田哲士
幹事長 白岩裕和
幹事 佐川弘行、村山敦子、國嶋雅志、菱沼生美、草野昌利、真船あい、新田太郎、御代田裕介、
佐藤洋一、真船 茂、中目敏雄、加藤和志、草野智正、鈴木慎太郎
会計監査 塩﨑京子、田部良夫